株式会社シーエムエー

Tel 053-459-1510

Movabletype、Wordpress構築

  1. 株式会社シーエムエー ホーム
  2. > サービス紹介 > WEBサイト・ホームページ制作
  3. > Movabletype、Wordpress構築

CMSとは、コンテンツ・マネジメント・システム(Content Management System)の略で、Webサイトを管理・更新できるシステムのことをいいます。社内で更新することが想定されるページやコンテンツはあらかじめ更新できる仕組み(CMS)を実装することで、タイムリーな情報発信が可能となります。
シーエムエーでは、企業様がブログ(Blog)の仕組みをフルに活用してWebサイト(ホームページ)を運営できるご提案をするケースが多くなっております。 ブログといえば“個人の日記サイト”のようなものをイメージされる方もいらっしゃると思いますが、以下のような活用も可能です。

  • 更新作業などを社内で行いたい場合
  • 即時性の求められるページ(コンテンツ)に組み込む
  • 簡易のデータベースとしての活用
  • 通販サイトやQ&Aコンテンツとしての活用

CMSは現在様々なツールございますが、シーエムエーでは、
主には「MovableType」と「WordPress」の2つのCMSで構築しております。

  Movable Type WordPress
ライセンス 個人事業、法人、団体での利用は有償です。 商用でも無料で使用出来ます。(「GPL」オープンソースライセンス)
開発言語 Perl PHP
データベース MySQL・SQLite MySQL
コンテンツの生成 動的・静的生成どちらも対応 動的生成のみ
複数ブログの設置と管理 複数のブログを作成・管理することができます。 基本1つのブログを作成・管理します。
サイトの再構築 必要 不要
プラグイン 少数 多数
サポート シックス・アパート社によるサポートが受けられます。 基本サポートはありません。

MovableType

Movable Type はブログだけではなく、ウェブサイト単位でのウェブページや、ファイルの管理、更新履歴の保存など CMSとしての基盤を進化させたパブリッシングプラットフォームで、シックスアパート社が提供しています。

メリット

インターネット環境に依存しにくい
MovableTypeでは再構築で物理的にHTMLファイルを生成します。ユーザーがページを閲覧するときには出来上がったファイルを読み込むだけになるため動的にページを生成するのに比べて速く表示できます。
複数のブログの管理がしやすい
複数のブログを作成し、一括で管理する機能がデフォルトで搭載されているため、親と子、兄弟サイトから情報を取り出すことが容易に出来ます。また、複数のブログ間で共有部分を持つことも可能です。
公式なサポートが受けられる
有償ライセンスを購入した場合1年間、開発元からのサポートが受けられます。そのため、迅速な改善策を得ることが期待できます。

デメリット

有償
個人使用を除き、個人事業、法人、団体での利用は基本的に有償となります。
再構築の手間
サイトの構造によってはブログ毎に再構築を行う必要があります。また記事の数が増えるにつれ、再構築の時間がどんどん長くなっていき、反映されるまで時間がかかることがあります。
プラグインが少ない
WordPressと比較すると、公開されているプラグインが少なく、有償である場合が多いです。
独自のタグを使用しなければならない
テンプレート作成の際、MovableTypeでは独自のタグを使用する必要があり、MovableType専用タグの知識が必要となります。

WordPress

オープンソースのCMSで、マーケットシェア世界No.1のCMSがWordPressです。

メリット

無料
WordPressはオープンソースなので、基本機能はすべて無料で使用することが出来ます。
プラグインが豊富にある
Wordpressはユーザー数が多いため、ユーザーが開発したテーマやテンプレートが大量に公開されています。デザイン性・機能性に優れたテンプレートが安価で手に入りますし、無料のテンプレートもありますので、専門的な知識がなくても希望の機能を追加することができます。
開発言語が『PHP』
開発言語が『PHP』であり、PHP言語の知識があれば比較的簡単にテーマ等を作ることができます。

デメリット

インターネット環境に左右される
ファイルが動的に生成されるため、ユーザーが閲覧した際にページが更新され、ユーザーの閲覧環境によって表示速度が遅くなる可能性があります。
サポートがない
オープンソースであるため、公式なサポートは受けられません。疑問等はフォーラム等でユーザー間で解決することが決まりとなっています。ですので早急な改善が必要な場合、迅速な改善策を得ることができない場合があります。
セキュリティー面
あまりにも有名であるがゆえ、脆弱性対応に手を抜けないということがあります。セキュリティーを高めるためのプラグインも多数公開されているので、それらを使用して対処することが必要です。また、セキュリティー改善のバージョンアップも多く、こまめにアップロードすることをオススメします。

Top